防水・遮熱 一級塗装技能士による下地補修

HOME | 外壁・防水工事 | 防水・遮熱(徹底した下地補修)

防水・遮熱工事は徹底した下地補修から始まります

 
建物の屋上は紫外線や雨風の影響を受けて劣化しやすい部分です。
防水・遮熱工事で最も重要な工程は「下地補修」で、屋上の劣化に合わせた補修が必要になります。
どんなに高価な塗料を使用しても、下地処理がおろそかにされていたのでは、その機能を最大限に発揮することは出来ませんし、塗装面が早く劣化してしまいます。四季彩ペイントでは経験豊富な一級塗装技能士による徹底した下地補修を行い、大切な建物を責任をもって施工いたします。

屋上ひび割れ補修(クラック)

ひび割れ補修
 

ひび割れ補修

建物の経年劣化等で出来るひび割れ。雨水などが亀裂から建物内部に浸入し、建物を劣化させる原因に繋がる危険な状態です。

ひび割れ補修(V カット工法)

Vカット

 

Vカット

ひび割れが深い場合はVカット工法で補修を行います。
 

プライマー塗布

 

プライマー塗布

塗料の密着性を高める為、カットした部分に接着剤のシーリング材を塗ります。
 

コーキング充填

 

コーキング充填

ウレタンコーキング材を充填します。
 

左官処理

 

左官処理

充填後コーキング材を刷り込み綺麗に整えていきます。
 

下地補修/水たまり(勾配調整)

浮き・剥離とは?
 

雨が降ると常に大きな水たまりがある場合は防水層の老朽化を早めてしまいます。放っておくと雨漏りに繋がるので要注意です。勾配をつけ排水溝へ流れるように調整する必要があります。

勾配調整

屋上の状況確認

 
屋上の状況確認をし適切な補修を行います。
 
モルタルでかさ上げ

 
低い位置に水たまりが出来ている部分は、モルタルで広範囲にわたってかさ上げします。
 
排水溝調整

 
排水溝との高さの違いでもうまく排水できない状況もあるので調整していきます。
 
排水溝高さ調整

 
排水溝の形や種類によって高さを調整していきます。
 

下地調整/コーキング

下地処理/コーキング
 

下地処理/コーキング

屋上から建物が立ち上がる部分や、タンク周り、排水溝等、水漏れが多く起こりやすい部分にコーキング処理を行います。(雨漏り防止補強作業)

立ち上がり部分

 

立ち上がり部分

 

排水溝周り

 

排水溝周り

 

タンク周り

 

タンク周り

 

手すり周り

 

手すり周り