一級塗装技能士による防水遮熱施工工程

HOME | 外壁・防水工事 | 防水・遮熱工事施工工程

防水・遮熱施工工程

施工内容や施工手順は、どの家でもどの業者でも全て同じという訳ではありません。
今現在の建物の状態や、屋上がどのような材質であるかでも変わります。雨や台風で工事工程が変動してしまうなど、天候によっても左右されます。四季彩ペイントではどのような状況でも適切に判断し、防水・遮熱工事を安全に進めます。
防水・遮熱施工工程表
高圧洗浄

 

1. 高圧洗浄

最初に高圧洗浄で古い塗膜や汚れ、カビ・サビ等を落としていきます。
 

下地調整

 

2. 下地調整

高圧洗浄後下地調整を行います。ヤスリや電動工具を用いて屋上表面の凸凹を取り除く他、表面をザラザラ(目荒し)にし塗料の密着性を高めます。
 

下地補修

 

3.下地補修

ひび割れや水たまりを補修していきます。屋上の状況に合わせた補修を行います。
 

コーキング処理

 

4. コーキング処理

建物が立ち上がる部分や排水溝周り、タンク周り等、水漏れが多く起きやすい部分にコーキング処理を行います。(雨漏り防止補強作業)
 

プライマー

 

5. プライマー

補修を終えたら下地にプライマー(接着剤)を塗ります。防水塗料が下地に吸収されるのを防ぐ目的の他、防水塗料の接着性を高めます。
 

防水塗装1層目

 

6. 防水塗装1層目

プライマー塗布後、防水塗装を行います。防水材(ウレタン塗膜防水材)はコテを使用しムラのないよう2回に分けて塗り重ねます。
 

防水塗装2層目

 

7. 防水塗装2層目

防水塗装2層目。二度塗りし厚みをつくります。厚みがないと十分な防水効果が得られません。
 

遮熱塗装(トップコート)1層目

 

8. 遮熱塗装(トップコート)1層目

トップコート1 層目(表面保護の塗装)を塗ることで、紫外線による劣化を防ぎ防水層を保護します。
 

遮熱塗装(トップコート)2層目

 

9. 遮熱塗装(トップコート)2層目

トップコート2 層目。
1 層目同様ムラなく塗ります。
 

完工/受け渡し

 

10. 完工/受け渡し

最後にムラなどが無いかを確認、報告書を提出し施工完了となります。