一級塗装技能士による外壁塗装施工工程

HOME | 外壁・防水工事 | 外壁塗装施工工程

外壁塗装施工工程

施工内容や施工手順は、どの家でもどの業者でも全て同じという訳ではありません。
今現在の建物の状態や、壁がどのような材質であるかで変わります。雨や台風で工事の工程が変動してしまうなど、天候によっても左右されます。四季彩ペイントではどのような状況でも適切に判断し、外壁塗装工事を安全に進めます。
外壁塗装施工工程
仮説足場組立

 

1.仮説足場組立

着工前に事前に近隣住民へ工事の挨拶まわりを行い、着工と同時に足場を組んで行きます。その際に工事作業中に出る粉塵や、塗料が周りに飛ばないよう飛散防止シートを設置していきます。
 

高圧洗浄

 

2.高圧洗浄

外壁や屋根についた汚れやカビ・苔を高圧洗浄機で洗い流します。壁や屋根の不純物をきちんと洗浄して取り除く事で、塗料が壁に密着しやすくなります。
 

打診調査

 

3.打診調査

打診用のハンマーで外壁を叩き、目で確認できないモルタルの浮き部を探していく調査。同時に目視によるひび割れも見つけながら補修箇所をマーキングしていきます。
 

下地補修

 

4.下地補修

打診調査でマーキングされた部分を補修していきます。浮き部やひび割れを補修せずに工事を進めると、施工不良の原因となりますのでしっかりと補修を行います。
 

養生

 

5.養生

塗料が付着してはならないサッシや窓ガラス、車両や植木などにも丁寧に養生し保護します。きちんと養生することで、外壁塗装の仕上がりも大きく差が出る大事な工程になります。
 

下塗り(シーラー塗布)

 

6.下塗り(シーラー塗布)

養生が終わるといよいよ塗装工程です。外壁表面と塗料の密着性を高める為に、シーラー(接着剤)を塗装面全体に塗ります。
 

ラフトン吹付

 

7.ラフトン吹付

補修した部分にはラフトン吹付を行い傷を目立たなくさせ、現状の建物の模様に合わせます。※打ちっぱなしの建物にはラフトン吹付を行いません。
 

中塗り

 

8.中塗り

上塗り塗料の1回目の塗装が「中塗り」です。ハケとローラーを使って隅々までムラなく塗っていきます。塗り残しがあると仕上げ塗りに影響するので、補修した部分にもしっかり塗ります。
 

上塗り

 

9.上塗り

上塗り2回目の塗装が「仕上げ塗り」です。ハケとローラーを使って「中塗り」と同じ工程を繰り返します。塗り重ねることによって塗膜に厚みをもたせ、建物を長持ちさせます。
 

点検

 

10.点検

塗装が終わると現場管理者が仕上がりを確認します。その後お客様と⼀緒に外壁全体を確認し、塗装に不備がないか、気になる点はないか確認をします。
 

足場解体

 

11.足場解体

点検作業が終わったら、続けて足場とネットの解体撤去作業に入ります。足場が邪魔をして塗れなかった部分があった場合も、足場の解体と同時に塗ります。
 

受け渡し

 

12.受け渡し

施工報告書を提出し受け渡しとなります。